清岡幸道のうつわ 

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

聴くコト

多くのミュージシャンは、ある年代になると、新しい音楽を聴かなくなる傾向にあるという。
自分が最も聴いていた頃の音楽をその後も聴き続け、最近のミュージシャンにはあまり興味を持たない。 聴く側も同様に「若い奴らは上手いが響かない。味がない。」 そんな話はいつの時代でも、どのジャンルでも良く聞く話だった。それぞれの時代に素晴らしいミュージシャンは一定に存在するのは明らかなのに。勿論その逆も。
若い頃、上の世代が止まってるのを感じて「こうやって人は成長しなくなるのかなあ…」などと思っていた。 自分の世代が他の世代に比べ優れているという思い込み。
いわゆる「世代論」というもの。

そんな自分はこの歳になって80年代~90年代狂奔していた当時のミュージシャンを聴くことが多くなってきた。「こんな天才はもう二 度と現れない」と思うこともよくある 。
考えてみれば老いも若きも最新の音楽を聴くというのは、それはそれで変な話である。 勿論最近の音楽も聴くし素晴らしいミュージシャンも多くいる。
ただ今になって思うのは、音楽を作る立場であってもウッドストックやR&B、コルトレーン一筋でもいいと。
それはたぶん「世代」の話では無いハズ。
大切なのは作る側も聴く側も、どの時代でも存在する素晴らしいモノと出会える準備をしている、ということなのだろう。


e0271335_0145226.jpg

[PR]
by corn7sk | 2013-04-27 00:57 | 趣味

pooolでの個展を終えて

pooolでの個展はお陰様で無事終了いたしました。
昨年暮れから、しばらく続いていた個展もこれでひとまず終了です。

今回お越し頂いたお客様、個展の都度、芳名帳 でお名前を拝見していたお客様方、本当に有 り難うございました。
次回、東京での個展は来年の春の予定です。

e0271335_1404160.jpg






初日に、作り手達が集う飲み会がありました。
有り難い事に、在廊初日に合わせて貰えたので、楽しく参加出来ました。

最後は時計作家の大護慎太郎氏のお店兼アトリエで朝まで過ごすことに。
訪れたのは今回で二回目ですが、アトリエの中 に並ぶ各地で集められた小物にくすぐられました。
どれも欲しくなるものばかり。

大人が膝を抱え朝まで語り合う貴重な時間を過ごしました。
e0271335_1402237.jpg
e0271335_1392952.jpg
e0271335_139522.jpg

お付き合いいただいた作家の皆様、印象深いお話、本当に有り難うございました。
[PR]
by corn7sk | 2013-04-24 02:19 | 仕事