清岡幸道のうつわ 

うつわのこと

個展に向けて暮れにでた答えは今あるものをより深く知る、ということ。
でも揺れる…
時間は有限である以上優先順位があって「選択と集中」的な考え方が当然ある。その順序として「これ」ができるようになるまで今はそこまで手が回らないという理由で「あれ」はやらない。 そしてある日を境にもう今さら「あれ」なんて、というのに変わっている。しかも、今はそこまで手が回らないはずだったものが、もともと別にやりたくないものとして決着をつけ、「何でもできるということは何もできないということだ」という立派な哲学を持つまでになる。

すべて自分の話です。

自分はコレに賭ける、というのも一つの美学だと思うし、それを貫いた者のみが持つ深みといったものもあるかもしれない。 その中で何をもって成長とするか。自分の知らない事を知る事なのか。知っている事を深める事なのか。極端にどちらか一つではないと思うが僕が尊敬してきた人や影響を受けてきた人は圧倒的に後者。 ただ、アイディアは日常の思いがけないところに潜んでいて、それが思いがけないつながりを持っている。それを受け入れるにはちょっとした勇気が必要だったり。

今回の個展は自分では満足のいくものになったと思う。

でも今は知らない事を知ることによって、 知っている事を深める…という、とても虫のイイことを考えています…



e0271335_2343314.jpg

いつもの灰白が還元の時間を変えたことで薄い緑色の景色が見えた。ーshizen blogより
[PR]
by corn7sk | 2014-02-26 23:59 | 仕事